HOME > 企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

代表取締役会長

私たちは、高付加価値情報を創造・提供し顧客と社会の発展に貢献します

当社グループの経営基本方針

当社グループは、「健全な価値観」「社会貢献」「個と組織の成長」を基本理念として掲げ、高付加価値情報を創造・提供し、顧客の発展ひいては社会の発展に貢献することにより「存在する意義のある組織」であり続けることを目指しております。
当社グループでは「健全な価値観」に基づく組織風土を保持し続けることを最重要経営課題であると認識しており、その浸透に常に努めております。
今後も健全な成長・発展を継続することにより「存在する意義のある組織」として社会貢献を目指してまいります。

当社グループの経営方針

当社グループは、基盤事業であるコンサルティング事業の安定的な事業展開によるグループの成長を図ってまいります。

経営コンサルティング事業は「事業再生コンサルティング」中心のビジネスモデルから「事業成長コンサルティング」「事業承継コンサルティング」「M&Aコンサルティング」を加えた四本柱とするビジネスモデルへの変換を行い、あらゆる経営課題を解決できるコンサルティングファームとしての体制を早期に確立し、更なる事業拡大を行ってまいります。平成28年度は新しい柱それぞれが転換期になると考えており、今後の更なる企業成長を牽引していく事業になっていくものと期待しております。
また、海外コンサルティング事業への本格進出の足掛かりとして、平成28年4月15日付でシンガポール・インドネシア・マレーシア等アジア地場の市場リサーチファームであるSPIRE(以下「スパイア社」という。)を買収し子会社化いたしました。
スパイア社はシンガポール・インドネシア・マレーシア・インド・中国・ベトナム・韓国に事務所を構え、主に日本・アメリカ・欧州・アジアの多国籍企業を顧客とし、約80名のコンサルタントが全世界に点在する約500名の外部調査員を活用しながら、顧客の新興国地域への事業展開のための市場調査を主なサービスとしております。
今後は、同社が提供する新興国地域の地場に根ざした海外市場調査の機能を活かして、多様化する海外進出ニーズ及び顧客の既存海外事業に対するコンサルティングニーズに応えるべく一層充実した体制を構築し、海外コンサルティング事業の中長期的な成長を目指してまいります。

資本・株式・株主に関するコンサルティング事業は、主としてファイナンシャルアドバイザリー業務及びM&A関連業務を行っております。良好な事業環境の下、営業拠点である証券会社との連携のもと推し進めているM&A関連業務を中心に今後成長が期待できる事業であると見込んでいることから、人員増強、地方展開(西日本地域)等を積極的に行うことにより、早期での事業規模拡大を目指してまいります。

不動産コンサルティング事業は、中長期的な事業成長を図るため、新卒採用等の人材確保育成の先行投資を行い、組織基盤構築に最注力してまいります。併せて提携会計事務所数を増加させるとともに既提携会計事務所との連携を更に強化する等、営業基盤構築・強化を行い、中長期での事業規模拡大を目指してまいります。

FP関連事業は、FPに関する資格取得講座・研修、金融機関等に対する企業実務研修、相続手続に関するサポート業務(商品名「相続あんしんサポート」)等を行っております。相続手続に関するサポート業務につきましては提携金融機関との強固な連携関係の構築及び新規提携先の獲得に注力し、中長期的な成長を目指してまいります。

投資・ファンド事業は、主に事業承継コンサルティングの一環としての事業承継ファンドの運営を行っており、今後も慎重に投資案件を発掘してまいります。

平成28年度は、経営コンサルティング事業ではビジネスモデルの変換が形になりつつあること、資本・株式・株主に関するコンサルティング事業ではM&A業務を中心に早期での事業規模拡大に向け積極的な人員拡充を実行していること、不動産コンサルティング事業では中長期的な成長に向け積極的に組織改革に取組んでいること、から当社グループの次の成長段階に向けた転換期になると期待しております。

代表取締役会長
山田 淳一郎

ページの先頭に戻る